名言と行く!2024年高校受験

しゃかりき母さんがゆるふわ長男の受験に伴走するブログです。ときどき、お調子者長女と酔っ払い父さんが登場。

辞書どーするか問題

塾で英語の授業も受けるようになり、

長男が英語の辞書を欲しい、と言っています。

(小学校で英語が必修化された時点で

買っておけばよかったのかもしれませんね〜)

 

紙の辞書 か 電子辞書

どっちがいいの⁉️っていう議論はよく見かけます。

大体の着地点は、

辞書引きに慣れるまでは、紙の辞書。

 

紙の辞書

 ◯調べたい言葉以外も目に入り、多くの言葉に触れられる

 ◯引いた言葉にフセン貼り、増えて行くとやった感が醸せるある

 ❌重い。持ち運びに不便。

 ❌不慣れな場合、調べるのに時間がかかる。

 

電子辞書

 ◯コンテンツが豊富

  (今時は、種検定のためのトレーニング問題参考書が入ってるものもあり)

 ◯コンパクトで軽い

 △電池が消耗する

 ❌豊富なコンテンツも使わなければ、宝の持ち腐れ。

 ❌高価💰

 

 

時はミレニアムと叫ばれた2000年の頃、

しゃかりき母さんが買った一台の電子辞書。

発掘しちゃいましたよ。

 

(テレレレッテレ〜♪)

SONY e-book READER EBR-800MS

f:id:sha-ka-ri-ki:20210305204408j:plain

 

SONYはん、2000年台には電子辞書作ってたのねん涙

ブランクを感じさせない動きっぷり。また使おう♪

 

今や

電子辞書はさらなる進化を遂げ。

100を越すコンテンツに、

(辞書だけではなく、各種検定のトレーニング教材参考書など)

ネイティブ発音の英単語が数十万語、

きれいなカラー液晶✨と、

ガジェット好きの母さんの心をくすぐる

謳い文句の数々…

 

カシオのex-wordと

シャープのbrain

が2強。

 

迷う…🤔

 

そして紙の辞書も購入したい…

 

SONY創業者の一人の盛田昭夫師匠は

❝いつまでも勝ち抜くためには、我々の貴重な戦力を本当に得意な専門的なものに集中しなければならない。自分の得意なところで勝つ以外にないんだということを、よく知らねばならない。得意なことだけ一生懸命やることによってのみ、競争に勝てる。これは簡単明瞭な原則である❞

って言ってるけど、勉強ではどうなのかな?

全科そろえるのって本当に難しい。